Takuzi Makino

プロロングボーダー牧野拓滋のブログです

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ASPの新しいジャッジクライテリア

2010-01-18-Mon-17:07
今日ASPのサイトを覗いたら
今年からのコンテストの新しい採点基準が発表されています。
以下ASPサイトより抜粋

ASP Judging Key Conceptsに沿い最もポテンシアル的に高いスコアを得る為に演技するサーファーからは以下の項目が必須となる:

★ジャッジ達は1つのライディングにスコアをつける際は以下主要項目を考慮して纏めて1つのスコアをつける。

・コミットメント、及び難易度の高さ
・クラシック系に加えてのモダンマニューバーとのコンビネーションの完成度
・マニューバーの革新性、 創造性及び漸進性
・メジャーマニューバーのコンビネーションの豊富さ
・マニューバーのバラエティーの豊かさ
・スピード、パワー、そして流れの美しさ

ジャッジは75-25% の割合でスコアを纏める。それは仮にクラシック又はモダンのいずれの一側面のみの技を披露した場合、
最高で75% (7.5pts) となる。両面の要素をコンビネーションとして纏めた場合のみ残りの25% (2.5pts) が加算可能となり満点(パーフェクト)が可能となる。インコンプリート・マニューバーはスコアの対象外となり基本的に0点加算となる。

★開催地により、日々の変化によって、その日のコンディションの変化に沿って常にコンセプトを元に順応力が大事と成る事は変わりない。

上記からすると
モダンマニューバーのみでは7.5点満点となり、クラシックマニューバーだけでも7.5点満点
となるようです。
一般のサーファーにはおそらくモダンマニューバーと、クラシックマニューバーの判別が正確にはわかりずらいと思いますが。
昨年までの採点システムから大きく変更が出てくることは確実ですね!!

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセス解析