Takuzi Makino

プロロングボーダー牧野拓滋のブログです

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-08-25-Tue-23:49
先週は福島に行っていたのは、このブログを読んでいただいている方ならご存知かと思いますが、
北泉というポイントは南相馬市?だったかかなり福島の中でも北のエリアに入ります。
もう少し北上すると宮城県といったところ。
湘南からは都内を通過し、常磐道でひたすら北上します。

常磐道を北上しながら運転中にいつも思い出すのは
始めて福島にサーフィンに行った時のこと。
10年前くらいでしょうか。
ショップのオーナーであるジョージさんが雑誌オンザボードがまだスタートしたばかりでスーパーバイザーをしていて、国内のトリップの取材で福島の豊間を訪れいていました。
確かゴールデンウィークを過ぎたくらいの頃の時期で、湘南はまったく波が無かったのですが、電話で波が腹から胸くらいあって、イイ波だよー!って聞いた次の日がお店の定休日で、
友人と3人で夜中に出発。一同初めて訪れるポイントに期待を膨らませ、わくわくしながら常磐道のサービスエリアで水戸黄門になってみたり・・・・・
(行く人は一度は見たことがあるでしょ!!)

朝には福島に到着して一緒に波乗りしていました。

ゴールデンウィークを過ぎたというのに、まだ水がとても冷たく、真冬の湘南をしのぐ勢いで、足がしびれました。

でも波がとても良かったのを今でも覚えています。

常磐道が今現在に比べると、まだ勿来かいわきくらいまでしか行っておらず、下道で地図を見ながら豊間を目指していたっけな。


そしてその後短い期間の間に、烏浜でNSAの級別選手権という大会に出たのも福島の思い出です。
行きは多分いわきくらいから下道でずっと北上して、今回行っていた北泉のすぐ北側のポイントが烏ですが、のんびり行ったんでしょう。

大会はすぐに負けてしまって、一緒に行っていた仲間と温泉にいったり、車中泊だった駐車場でウクレレ弾きながらビールを飲んだりと、楽しかった記憶があります。

一緒に行った仲間とは大会が負けたことを反省して、2人高速を使わず、一般道で家まですごい時間をかけて帰ってきました。。。。
都内渋谷を抜けた頃から、もう疲れていて、第3京浜と、横浜新道を使いました。
この2つの有料道路は、僕たちにとって夢のような時間でした。

それからここ数年までのあいだ、福島は東北道で仙台に行くときに通過するくらいで縁が無かったけれど、北泉で大会が行われるようになってから、毎年訪れています。
昨年は雑誌の取材で岩沢にも行くことができました。

今回は数日間車に泊まりましたが、北泉のポイントは非常に波乗りするには環境が整備されていて、ポイントの駐車場があるエリアにはお風呂があります。
シャワーもトイレもばっちりなので、国内随一といった感じですよ!

お風呂に入れれば、後はご飯食べて寝るだけなので、僕は車でもOKでした。
まぁ、宿に泊まればさらに快適なのでしょうが、早朝寝起きにすぐ波チェックできて、すぐに着替えて入れるっていうのはなかなか味わえないものですね。

なんか思い出を書き出したらまとまりの無い感じになってしまいましたが、
福島に波乗りに行くにはいい季節だと思います。

ちょっとショートトリップにお勧めです。
そしてすごくいろいろなポイントで快適に波乗りが楽しめるのは、やはり地元のローカルの皆さんの熱意のおかげです。

そうした気持ちを理解した上でポイントを訪れれば、きっと素晴らしい旅になると思います。

こうして旅に出れること!最高ですよ!

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセス解析