Takuzi Makino

プロロングボーダー牧野拓滋のブログです

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうしてサーフィンを続けるのか。

2007-06-24-Sun-23:16
サーフィンは楽しい。
楽しさを追及するのは人間として生きていく上で大切なことだと僕は思います。
楽しさを追求するということに、罪の意識を感じている人も多いでしょう。
「勤勉」っていう言葉の意味を大切にする、伝統的な日本人の倫理観には波乗りの楽しさは、どちらかといえば、いい波があれば仕事をサボってまでやってしまったり・大切なデートの時間を遅らせてしまったり・僕もそうだったけれど学校に大遅刻してしまったりと・・・・
思い当たる方は多いかと思いますが、「勤勉ではない」イメージが浮かんでしまいます。

波乗りが発祥したとされるのはポリネシアだと伝えられています。
その中でもみなさん良くご存知のハワイでは近代以前から波乗りは王家のスポーツでもあり、庶民も含め、非常に人々の生活に深く根付いたスポーツ、そして文化でもあったようです。
 キャプテンクックがハワイに上陸して以降、「いい波が来ると人々は労働を忘れ、男も女も裸で波と戯れる」、そんな波乗りは西洋的文化的価値観により「享楽のスポーツ」として永らく禁じられてしまう・・・そんな歴史的背景も・・・
波乗りの歴史はさておき、
最近のサーフィンに対する社会の見る目は変わってきていると思います。
生活の中の楽しさ、ライフスタイル、自然との関り合いを大切にしようという社会的な流れ・ムーブメントがサーフィンの「勤勉ではない」というイメージを払拭してくれたように感じます。
 
 そう見てくると、サーフィンは楽しくて、社会的に正統として認められつつあるスポーツだから、サーファーとして楽しさを追求して、自然を大切にしながら、サーフィンをつづけて生活していくんだ!
という答えが、サーフィンをどうして続けるのか?という問いに対する、いまどきの模範解答なのでしょう。

僕もそれはGOODだと思っていましたが、最近その答えにもう一つ物足りなさを感じています。
模範解答のように波乗りを続けることが「善いこと」だという、またそれこそ僕達日本人の「善いことやっているからOK」みたいな、それこそ勤勉っていう言葉にあてはまってしまうことを感じます。
時代の流れで善いことでなかったり、善いこととなったり・・・。

しかし、サーフィンをもっとシンプルにとらえれば、それこそ食欲・性欲のような根本的な人間の持っている欲求なのでしょう。
それが善いか善くないかは、その時代背景によって変わろうが、一度覚えた「サーフィンしたい」って欲は、その欲を満たされなければならないのでしょう。
それが人間として自然体である姿で、自然と調和することができ、自然の中で生きている自分を認識するひとつの行為なのでしょう。
 それが「自分はここに生きているんだ!」って感じる喜びであり、楽しみなんだと思います。

環境問題だったり、自然主義だったり、波乗りして自然保護が善!
ライフスタイル最高!!って唱える人が多い昨今。
その根本となる部分をよーく理解されている方も多くいらっしゃいますが上っ面の部分だけをおっしゃっている方が多いかな?、

自分も含めて、「なんでこーしてサーフィン続けるの?」って部分をよく見直してみるのもいいんじゃないかな?ってふと思った今日このごろでした。。。
kr1051.jpg

COMMENT



奥深い話だ・・・

2007-06-25-Mon-01:10
とてつもなく広い時空間に、
とてつもない偶然が重なり、
そして生まれて、生きている自分たちは
いったい何者・・・?

いやぁー 深い深い。
でも、海に入れば感覚的にしみいるそのこたえ。
波乗りしてても、陸上でも、ワケもなくしかめっ面の人
を見ると、可哀想に・・・と思う今日この頃なのでした。

コンテスト頑張ってくさいっ
あっ間違えた。
頑張ってください。応援してマッスル~

そうそう、ひじの穴よろしくです。

人間本来の姿・・・・・・

2007-06-25-Mon-11:09
波乗りは自分にとっては今的に言えばライフスタイルの一部でありますが、自分の人生の中の休日の楽しみの一つであります。

自分が始めた頃は人も少なく、車で移動する時はすれ違うサーファーが波のサイズをジェスチャーで教え合い必ず挨拶(ハウゼ)
が当たり前でしたが、今はそんなことも無くなり寂しい限りです。

波があればサーフィンをし無ければ仲間が大勢居る時は、会話と酒盛りを楽しみ一人の時は釣りをし、時には皆でキャンプに行き
遊び三昧の用であるが、一歩引いてみると。

人間の本能に残った祖先の生活様式の現われかと思うことも、
原始時代の集団生活みたいに自然のサイクルに合わせて
生活をし、楽しみも分かち合う。

自然の恵みに感謝           マハロ

2007-06-27-Wed-18:36
皆様、ちょいと哲学的な話にのっていただきありがとうございます。
またみんなのいい話を聞かせてくださいね!!!!

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセス解析