Takuzi Makino

プロロングボーダー牧野拓滋のブログです

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地震雲の正体

2011-04-17-Sun-23:40
昨日の夕方、強く吹いたオンショアが一転オフに変わり
面が整い、いい波でした。
夜の間、結構オフショアが吹き返し
サイズは朝になるとかなりダウン。
ももから腰くらいでしたが
まぁ、思ったより楽しめていました。
今日は裏パークでレッスンをしましたが
オフショアに、ロータイド、そしてとても優しいサイズの
初心者にはもってこいの最高のコンディションに、
すごい楽しい!!!って英語で言っていた今日の生徒さん

スゥエーデンの方でしたよ。

すごい昔にフランスのビアリッツでショートボードにチャレンジしたけれど
波はでかいし、まかれるし、ボードは体に当たるし、当時はそれで挫折したようです。
しかし、本日もう2時間で最後は疲れたーっていうほど
波に乗って
満足な笑顔を見て、僕も嬉しかったのですが

今日のレッスンで一つ感じた事がありました。
今日のスゥエーデン人の生徒さんは、日本語がほとんどしゃべれないので
英語でのレッスンとなりました。
英語を使うのは、なんとか日常会話は通じる程度のレベルの自分にとって
英語だけで人にサーフィンを教えるのは、今まで数えるほど。
10回あるかないかくらい・・・
まぁ、身振り、手振りで教えるのですが

普段なら、細かくアドバイスしてあげたい事が、上手く言葉にできないし
生徒さんも、自分の語学レベルが理解できているようで、
あんまり難しいことはある程度しか聞いてこない

すると不思議

言葉が上手く通じない分だけ
生徒さんは動きをじっと観察し、僕や周りのサーファーを良く見ている。
観察した分、体をなんとか動かして真似ようとする
本能的な能力が働いていたようで
かなり動物的な感で、波に上手に乗っていた。

上手く説明できない部分は、あまり頭で考えずに、体で感じなさい!って説明してましたが

まさにその通りだと思いました。

そんな生徒さん、今日の天気、そして富士山眺めながらの最高のシチュエーションに感激していました。

そんな富士山を眺めると
空には
筋というか帯というか、一方向にむかって雲の線が数本現れていて
なんとなく不自然な様相。
今日は何人かの人が
あれは地震雲だって!!!
言っていました。

でもでも

ここのところ地震が多発しているからといって
今日僕が眺めていたそれらの雲は基本的には地震とは関係のない雲だと思います。
あれは飛行機雲!!
飛行機雲ならしばらくして消えるんじゃないの?って
思いますが


以前富士山の笠雲について触れた観天望気的な観測からすると
天気が下り坂の時は(つまり西から雨雲が近付いてくる)
上空の空気は湿度が高くなります。
そして湿度が高い空気中を飛行機が通過すると
ジェット燃料の燃えカスというか、塵というか、煙ではなく、そういった細かい物質が
大気中の水分と結びついて雲を形成します。
今日の日中はこれが大きく広がって見えている状況ですね
しばらくこの雲が消えないということは、上層の空気の湿度が高いということです

ということで
こういった現象が見られる場合
明日から天気は下り坂。


地震雲の研究をされている方も多く、いろいろ意見があるかと思いますが

今日のそれらしい雲は100%飛行機雲です!!

なぜなら








心配になって空をちょくちょく見ていたら、飛行機がしっかりその雲を作っている現場を確認!
正体はやはり飛行機雲でした!





ただ、これとは関係なく
大きな余震が地震学者の見解では想定されているようですから
十分にいろいろな対策はとっておきましょうね。


僕はお店のボードラックにさらに耐震対策を昨日施しました!!
高いところに不安定なものを設置したりする場合は、落ちたり、倒れたりしないように
ちょっと気をつけておきましょうねーー!

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセス解析