Takuzi Makino

プロロングボーダー牧野拓滋のブログです

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-03-23-Wed-11:50
本日よりNSA茅ヶ崎支部で震災後に続けてきた余震による津波に対する自主警戒が解除となりました。
そして各波情報各社も本日より湘南の波情報の配信が再開いたします。
しかし、いまだ余震が続き、いつ津波警報等が発令されるかというような状況であり、11日に津波警報が発令されているさなかも消防の呼びかけに応じず海に入り続けていたことを考えると
 多くの湘南のサーファーのみなさんが、津波に対しての防災対策・意識が低い事が要因であると思いました。
津波の怖さがまだまだ分かっていない人が多いのだと思いました。

太平洋側では将来的に東海地震などの津波を引き起こす可能性の高い地震の発生確率は、かなり高いので
この機会にみなさんしっかりと津波に対する勉強をした上で、自己責任で海に入りましょう。
自己責任ということを唱えるにはまず津波に対する知識、避難の仕方などをしっかり理解しましょう!

そして茅ヶ崎市の津波に対するハザードマップなどが掲載されていますので、良くご覧ください。

http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/bosai/tsunami/index.html
津波警報は地震発生から3分程度以内に発令できるよう気象庁では行っているらしいのですが、言いかえると最長で3分はかかるということです。
もし海に入っている人は揺れを感じないので、3分後に地震があったことを知ることになります。
防災マップでは(おそらく相模湾内での〉地震発生から約5分後に津波第1波が届く可能性があるということが記載されています。
すると、海の中に入っている人は残された時間は2分!ってこと

みなさんどれぐらいの時間で、どこに逃げれるのか良く考えてみてくださいね!!!

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセス解析