Takuzi Makino

プロロングボーダー牧野拓滋のブログです

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラニスさん

2011-02-07-Mon-23:54
2011020722260001.jpg
有名なワイメアでのマイク・ドイルさんのライディングPHOTO!
ザ・サーファーズ・ジャーナルから1998年に出版されたリロイ グラニスさんの写真集。
もう10年くらい前に購入して、つい先日もグラニスさんの写真集を開く機会があり、ここのところちょこちょこ見ていたりしていました。
1960年代。サーフィンの黄金期であるこの時代を初期のサーフィンフォトグラファーとして数々のシーンをフィルムを通して歴史に残した功績は、数十年たった今も変わることがありません。

グラニスさんは1917年、(日本だと大正6年)カリフォルニア ハーモサビーチで生まれ
1931年から波乗りを始め、1936年にパロスヴェルデスのサーフィンクラブのメンバーになりました。
当時はおそらくサーフィンフォトグラファーの黎明期。
そんな時代に先輩写真家(JOHN H 'DOC’ BALL)に出会い、友人として、感化されその世界へと導かれたのでした。
その後生涯にわたり、サーフィンフォトグラファーとしての地位を確立されたレジェンドとして世界的に有名な方です。
彼の写真は雑誌等でなにかと使用されていて、トラディショナルなサーフィンに興味のある人なら、馴染みのある写真が多いことと思います。

そんなグラニスさん
つい先日ですが、まことに残念ながら
他界されたそうです。(インターネットのサーフィンニュースで知りました)

2011020722260000.jpg
写真集を購入したのは確かロングビーチでの春のASR(今は無くなってしまったトレードショー)の会場だったはず。
写真集を購入した人みんなにサインとメッセージをサービスしてくれていたのですが
自分も大切なメッセージをいただいていました。

To Takuji
Keep Surfing. It is the only way to go, I know.
Le Roy Grannis


サーファーとして本当に大切な宝物を頂戴しました。


心より故人に感謝し,
また、ご冥福をお祈りいたします。

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセス解析