Takuzi Makino

プロロングボーダー牧野拓滋のブログです

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぽっぽや

2010-12-24-Fri-22:49
今日はクリスマスイブ
あと1週間で2010年も大詰めですね。
今日はオンショアが強く、サイズはあったものの、コンディション合わず
波乗りはOFFとなりました。
年末にきて、年賀状や、いろいろ締めくくりに追われていますが
今年の1月に買った文庫本を
まだ読み切っていません。
ぽっぽや
popoya.jpg
ですが
映画も観ておらず、長編かと思い読み始めていたのですが
短編集だったことが分かり
ここにきて読むペースが上がり、ひとまずぽっぽやは読み終えました。
今年中に読み終えたいと思っています!
さて、そのぽっぽやですが
廃線となるローカル線を舞台に、一人の鉄道員を描いたストーリー。
北海道が舞台となり、あくまで舞台はフィクションの設定となっていますが。

良く思い出してみると
自分が小学生か、中学生になるかといったころ
道東の白糠(しらぬか)線というローカル線が廃線となりました。
これを皮切りに各地域での不採算鉄道路線が廃線や、地域鉄道化されていったのですが
小説を読んで、その廃線を思い出しました。
何で覚えていたかというと
廃線の記念の切符を持っています。。。(さすが元鉄道少年・元ですよ元!!)

そしてその切符は、北海道の祖母が自分が鉄道が好きなことを知っていて、
わざわざプレゼンとしてくれたものでした。

小説を読みながら、いろいろなことがよみがえってきてしまって・・・
なかなか読むのが進みませんね。
さてさて年内に読み終えようっと!!

そしてまた祖母に会いにいこーっと!!

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセス解析