Takuzi Makino

プロロングボーダー牧野拓滋のブログです

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬至近いです

2010-12-19-Sun-23:58
今年の冬至は12月22日午前9時ごろだそうで
ここ数日が一番日が短い、太陽の出ている時間が短いのです。

いろいろと冬至について調べてみましたよ、


緯度や世界的な地域によって異なると思いますが
関東地方を調べてみると、

太陽の高さは、水平線というか地平線から上がること30度くらいの位置にくるそうで
海に入っていても、この時期は夏より眩しいわけです。
じゃ春分、秋分はというと、夏至のころが約80度なので、50度を6カ月かけて動くので
その半分の25度を足すと春と秋は55度。
結構角度が動いてますね。

では日の沈む方角でいくとどうなるかというと
春分と秋分、太陽は真西に沈みます
そのころに彼岸があるのも、西のインドの方角を指すことからきたという話もあるようですし
真西にが0度とすると
冬至の日は約30度南側になる西南西に沈むことになります。
3か月後の春分には0度の西に沈み、その3カ月ごの夏至には西北西に沈むことになります。
半年で約60度も方角が変わるわけですね。

そして今年の冬至の日の日中の時間は
9時間47分です。
横浜の
日の出が6時46分
日の入りが16時33分

良く見るてくださいね、午前中が5時間14分で、午後が4時間33分しかありません。

ということは、日が約30度の高さに到達するのは、実はこの日11時40分ころってことになります。

昼の12時が太陽が一番高いというのはどうやらおおよそだそうで、
少しずつ時間がずれているようです。

でさらに調べると

12時に太陽が一番高く来る日はありませんでした・・・・
えーーーーっ
って思って良く考えると
日本の標準時刻って確か兵庫県とかのあたりではなかったかと・・・

ではそこより西のエリアでは
逆に太陽が一番高くにくる時刻は12時より遅い時が多いようです。

なんか毎日生活していて分かっていたと思っても、まだまだ良く知らないことがたくさんあるものだと
改めて思いました。

うーん、どうりで冬なんかとくに午後が短いなーって感じるわけですね!!
なんかすっきりしましたよ!

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセス解析