Takuzi Makino

プロロングボーダー牧野拓滋のブログです

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

工場からの眺め

2010-04-19-Mon-23:22
今日は天気良く、気持ちの良い春の一日でした。
昨日はカーボンボード試乗会に多くの人が参加していただき、とても楽しい興味深い時間を過ごせました。
ありがとうございました。
午前中うちのサーフボードを巻いていただいているファクトリーへ行ってきましたが
そこの屋上からの富士山、丹沢、大山方面の眺めは
絶景です。

屋上で作業しながら、久々に天気良いに日眺めたのですが、暖かいから富士山は見えませんでした。
というより、ひさびさに眺めた景色には隣の工場の大きな新しい建物が富士山の見える方角をさえぎっていたというのが正しい解釈です。

まぁ、建物が建ってしまって、残念だなーと思いながら、ちょっと思い出したことがありました。

今は亡きタイガーエスペアさん。
ハワイのレジェンドサーファーですが
10数年前だったか・・・よく覚えていませんが、うちのショップによくいらしていて、
ボードをシェイプしてもらったり、一緒にノースショアに滞在させてもらったりと
さまざまな面でお世話になりました。
そんなタイガーさんを
冬だったか、春だったか
まだ空気の冷たい時期でしたが
当時鎌倉に住んでいたタイガーさん
シェイプのために、電車で茅ヶ崎までやってきていました。
ショップの開店前に茅ヶ崎駅まで迎えにいって
寒川にあるシェイプルームまで送っていって
途中で一緒に朝ごはんを食べたりと
いろいろ思い出はあるのですが
すばらしい景色を見せたいと思い
ファクトリーの屋上に一緒に上がったことがありました。

冷たい空気の朝の光を浴びた
雄大な富士山と、丹沢の山々、そして大山を見て、タイガーさんは
心を打たれていた様子で
自然の神々しい景色にお祈りのような言葉を唱えていたことを今でも忘れません。
時とともに人の作るものによる景色は変わってしまいますが
僕の心の中のそのとき見た景色は、今も変わっていません。

そしてファクトリーの倉庫の中からビンテージのボードを換気しながら何本もだしてみたのですが
そういえば、当時タイガーさんがハワイから運んできてくれた古いホービーのボードなんか出てきて
当時の思い出がはっきりと思い出された一日でした。

そんな神々しい自然の景色を尊いんだと教えてくれたタイガーさんに今でも感謝しています。

そんな僕の忘れられない眺めのひとつでした。

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセス解析